フォロワーが増えてもあなたの商品サービスは売れません

フォロワーが増えてもあなたの商品サービスは売れませんマーケティング
スポンサーリンク

フォロワー数が増えただけで満足してませんか?

自分の商品サービスを売りたければ、本当の勝負は、そこからです。

フォロワーさんはお客様ではない

そもそも「集客=フォロワー集め」って勘違いしていないでしょうか?

フォローしてくれる人は、そのまま自分のお客様だと思ってはいけません。フォロワーさんは、「見込み客になる可能性のある人」でしかありません。

その人たちに、いきなり何かを売ろうとしても売れません。集客したら、ちゃんと「整えて」から商品サービスを案内しなければならないんです。

フォロワーが増えれば物が売れるというわけではないんです。

集客してから売るまでの流れ

SNSで集客をして、商品サービスを販売するという流れはDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)と呼ばれる手法になることが多いです。

これは、反応(レスポンス)してもらった人に直接(ダイレクトに)商品サービスを売るマーケティング手法のことです。

ざっくり簡単に言うと、興味のある人に反応してもらい、その人たちにだけ、商品サービスを売るというやり方です。

SNSでビジネスをする場合は、この流れをきちんとやることが大切なんです。

集客するとはどういうことか

フォロワー数がお客様じゃないとしたら、集客というのはどういうことか

SNSにおける集客とは、SNSを経由して、ほかの所に一旦集まってもらうということです。

今はLINEに集まってもらうことが多いですが、以前だとメルマガに登録してもらうというのが主流でしたね。

このように、SNSはあなたと出会ってもらう場として使い、商品サービスに興味を持ってもらえそうな人を、SNSの外に連れて行くわけです。

そこに集まってもらうことが集客であり、集まってもらった人が「見込み客」になるわけです。

集まってもらったらどうする?

LINE等に来てくれた人は、あなたのSNSだけでなく、あなたや、あなたの商品サービスに興味をもってくれた人です。

なので、このLINEで、より深いコミュニケーションをとって、あなた自身と、あなたの商品サービスのことをもっと知ってもらいましょう。

SNSだけでは伝えてないことや、あなたの商品サービスのことを知ってもらって、より深く興味を持ってもらうことです。

このことをナーチャリング(教育)といいますが、より深く知ってもらって興味を持ってもらい、信頼関係を築くことなんです。

ここで、信頼してもらって、はじめて商品サービスが売れるようになるわけです。

そしてダイレクトに販売する

ここまででしっかり信頼関係が築かれ、あなたとあなたの商品サービスのことを知ってくれた人に、直接売るわけです。

見込み客が興味を持ってくれていれば、売り込まなくても、「いかがですか?」と問いかけるだけで、買ってくれる人がでてきます。

SNSだけでは、この流れを作ることが難しいので、このように集客して教育して販売するという流れになるわけです。

つまり、SNSだけでは深く知ってもらうことが難しいので、フォロワー数が増えたからといっても、すぐに売れることはないわけです。

このDRMの流れをしっかり作って、お客様に「欲しい」と言われる状態にしてから、商品サービスを売りましょう。

✅まとめ

フォロワー数が増えれば、商品サービスが売れるわけではありません。

一旦SNSの外に来てもらい、そこでしっかり信頼関係を築きましょう。

そこで興味を持ってくれた人に販売をするという流れが大事。

このDRMの仕組みをうまく使って、お客様に喜ばれながら商品サービスを売っていきましょう。

stand.fmで、音声配信もしてます

フォロワーが増えてもあなたの商品サービスは売れません - 【ひとりビジネス】ラジオ📻 | stand.fm
💁‍♂️オンラインサロン詳細はこちら💁‍♀️ ➡️     💻この配信のブログ記事はこちら👇 ➡️ 🎙毎晩21時30分からLIVEもやっています🎙 ============================= #フ...
スポンサーリンク
マーケティング
この記事良いな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです(^^)
松本いっせいのサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました