売り込まずに売る文章術【3つのポイント】

売り込まずに売る文章術【3つのポイント】マーケティング
スポンサーリンク

売れる文章とは?

売り込まずに売るには、読み手の興味をぐっと惹く必要があります。強烈に興味を惹くために、抑えておきたいポイントが3つあります。

  1. 損していることを伝える
  2. 限定性を伝える
  3. ビフォー&アフターを見せる

①損していることを伝える

人は、得をすることよりも、損をしたくないという気持ちの方が強いです。無意識のうちに損失を回避したいという気持ちが働くわけです。

「これを手にしないと、あなたにはこんなに損失がありますよ」という伝え方をすると効果的。

例えば、「これを使えば3万円節約できる」というよりも「使わないと3万円損しますよ」という表現の仕方をするわけです。

このように、損したく無いでしょ?というところにフォーカスして伝えてみよう。

②限定性を伝える

希少で珍しいものであるほど、人が感じられる価値は高くなります。

数量限定、期間限定、一度だけ、今年最後、今だけ、などなど。今、手に入れないと損ですよ!ということを伝えるわけです。

これは、希少性の心理と言って、あらゆるところで活用されています。自分の商品サービスにも希少性を持たせて表現してみよう。

③ビフォー&アフターを見せる

それを利用する前と後で、どんな変化が得られるのかを伝えることです。このギャップが大きいほど、インパクトがあります。

ただし、ギャップを大きく見せるために、嘘や誇大表現をしてはいけません。あくまで、目的は、違いをわかりやすく伝えることです。

アフターの部分で「ベネフィット」をしっかり伝え、読み手が未来をありありと描けるような表現をすると、より効果的になります。

煽れば良いというものではない

これらは、あなたの商品サービスに、より興味を持ってもらうためのテクニックにすぎません。テクニックだけに頼りすぎてしまうと、嘘臭くなって信用されなくなってしまいます。

煽るのが目的ではなく、価値を知ってもらうためにほんの少し背中を押すという感じです。

やりすぎに注意しながら、適切にこれらを用いて、売り込まずに、売れるようになろう。

まとめ

売り込まずに売るには、読み手の興味をぐっと惹く必要があります。

そのためのテクニックを上手に活用しながら、正しく価値を知ってもらいましょう。

決して煽るのが目的ではなく、そっと背中を押してあげることが大事。

テクニックに寄りすぎず、適切に用いて、売り込まずに、売れるようになろう。

stand.fmで、音声配信もしてます

売り込まずに売る文章術【3つのポイント】 - 【ひとりビジネス】ラジオ📻 | stand.fm
💁‍♂️ひとりビジネスサロン詳細はこちら💁‍♀️ ➡️     💻この配信のブログ記事はこちら👇 ➡️     #売れる文章 #売れる #売り込まない #文章術 #損失回避 #希少性 #ビフォーアフター ...
Online Salon【ひとりビジネスサロン】

ひとりでビジネスをする人のための
オンラインサロンをはじめました。
マーケティグを学びながら仲間を作りませんか?

【初月無料】で参加できます

マーケティング
この記事良いな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです(^^)
松本いっせいのサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました