商品サービスが良くても売れないのはなぜ?【マーケティングが重要】

商品サービスが良くても売れないのはなぜ?【マーケティングが重要】マーケティング
スポンサーリンク

商品サービスが良くても売れない

この商品サービスは、最高だ!絶対に喜ばれるぞ!と自信をもって売り出したのに、売れない・・ということがあります。

この時、「もっと商品を良くしなければ!」とさらに商品を磨こうとしてしまいがちです。

でも、売れないのは、商品に魅力が無いからではなかったりします。

売れるかどうかはマーケティング次第

商品サービスが売れる時というのは、その商品サービスを「欲しい」と思っているお客様に、ちゃんと情報が届いているからです。

「欲しい」と思ってもらえないものは、どんなに良いものでも売れません。

どうやったら「欲しい」と思ってもらえるかを考える時、ついつい商品サービス自体に目が行きがちですが、本当に必要なのは「マーケティング」です。

マーケティングは、簡単に言うと「欲しいと思っている人に適切に届ける戦略」で、これがうまくいけば売れ続ける仕組みが作れます。

例えば、砂漠の真ん中で喉が乾いていて、水が欲しい!と思っている人に、水を案内すれば喜んで買ってくれますよね。

同じように、「こんな商品サービスあったらいいな」と思っている人に案内すれば、売れやすくなります。

このように、マーケティングの考え方を学び、戦略的に「欲しい」と思ってる人に届けることが必要なんです。

マーケティングの3ステップ

マーケティングは3つのステップで行います

  1. 市場調査
  2. 宣伝広告
  3. 効果検証

この中でまず最初にやるべき大事なことは、①の市場調査です。誰に売るのか、その人はどこにいるのか、そもそも欲しいと思う人がいるのかどうか?などを調べることです。

ここをちゃんとやらないから、誰が欲しいと思ってくれているかが、分からないんですね。

市場調査をしないまま②の宣伝広告だけを闇雲に頑張っても売れません。誰に向けてのメッセージなのかが決まらないと、誰にも振り向いてもらえないからです。

そして、宣伝活動をしたら③の効果検証で、反応がとれたかどうかをきちんとみることが重要。反応の良し悪しを見て、改善していきましょう。

マーケティングは難しくない

マーケティングというと、難しいという印象があるかもしれませんが、中身はシンプルです。

理論書などでは難しく書いてありますが、今はネット上にわかりやすい解説や、事例などもたくさんあります。

まずはマーケティングの流れを勉強してみてください。そして出来ることからはじめて、試してみれば、だんだんと分かるようになります。

マーケティングが分かってくると、発信するメッセージが変わってきます。表現が変わってきます。より「欲しいと思ってくれるお客様」に刺さる内容に変化してきます。

そして、適切に発信できるようになると、売れ方が変わってきます。

欲しい人に商品サービスをお届けできるように、試行錯誤を繰り返してみてください。きっと売れるようになります。

まとめ

商品サービスが売れないのは、商品が悪いからではありません。

欲しいと思ってもらえる人に、情報がちゃんと届いていないだけです。

マーケティングを勉強して、本当に欲しいと思っているお客様に商品サービスを届けていきましょう!

stand.fmで、音声配信もしてます

商品サービスが良くても売れないのはなぜ? - いっせいのひとりビジネスラジオ📻 | stand.fm
🎁無料プレゼントはこちらから🎁 ➡️ 💻この配信のブログ記事はこちら👇 ➡️ #売れない #マーケティング
Online Salon【ひとりビジネスサロン】

ひとりでビジネスをする人のための
オンラインサロンをはじめました。
マーケティグを学びながら仲間を作りませんか?

【初月無料】で参加できます

マーケティング
この記事良いな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです(^^)
松本いっせいのサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました