ビジネスは勉強だけしてもうまくいかない【結果につながる勉強法とは】

ビジネスは勉強だけしてもうまくいかない【結果につながる勉強法とは】変化を起こすためのヒント
スポンサーリンク

学ぶことは良いことですが・・

ビジネスを頑張っている人は、勉強熱心な人が多いですね。新たな知識やノウハウなど、積極的に勉強している人は多いと思います。

でも、勉強したこと、ちゃんと活かされてますか?勉強したことで、満足しちゃってませんか?

勉強すること自体が目的になってませんか?

新たな知識を得るというのは、とても心地よく、またエキサイティングでもあり、楽しいですよね。

でも、気をつけないと、勉強すること自体が目的になってしまいがち。知識欲を満たすだけで満足してしうことも。

ビジネスをやっていて、ビジネスのための勉強なら、「勉強のための勉強」でなく、「ビジネスに活かす」という視点を忘れないようにしましょう。

勉強したことはアウトプットしよう

勉強するときはインプットが先です。本を読んだり、セミナーを受けたりと、知識を得る(インプット)ことがメインですよね。

でも、インプットだけだと自分のものになりません。有名なエビングハウスの忘却曲線で示されているとおり、インプットしても割とすぐに忘れてしまうもの。

なので、得たものは確実に身に着けるために復習をしたいもの。この時に有効なのが、アウトプット(出力)することです。

SNSやブログなどに、勉強したことを、忘れないうちに、積極的にアウトプットしてしまいましょう。

自分が復習するのが目的ですが、他の人に教えるつもりでアウトプットすれば、情報がきちんと整理され、さらに自分の力になります。

ぜひ、得た知識をシェアするつもりで、アウトプットしてみてください。

実践してみて結果につなげよう

勉強したことをアウトプットして、自分の知識として定着させたら、今度は「実践」につなげ、結果につなげましょう。

身につけたものは「やってみる」ことで実務に活かさないと意味がありませんよね。知識を得ただけで満足せず、必ず実践して結果につなげましょう。

でも、実際やってみると、そのままではうまくいかなかったりすることもあります。結果を出すには工夫をすることも必要なことがあるので、試行錯誤することで、自分のノウハウとして構築することもできます。

勉強をきっかけに、自分のノウハウを見つけ、効率的なやり方で結果を出すよう努力しましょう。

効果的な勉強法は

勉強熱心な人は、先に勉強してから、という発想になりがちではないでしょうか。これもこれも知っておきたいという気持ちはとても大切なこと。

でも、このやり方だと、勉強自体が目的になってしまいがちなので、結果を出すための効率的な勉強をした方が良いです。

効果的な勉強法は、「必要に迫られてから勉強する」ことです。

ビジネスやりながら、課題にぶつかった時解決のために勉強するという方法です。

「問題があってからじゃ遅いじゃないか」と思うかもしれませんが、必要に迫られると、勉強の質も上がります。勉強したことを即実践せざるを得ないので、結果につながることが多いんです。

ビジネスにおいては、「やりながら勉強」が最強。ビジネスをやりながら課題を解決するために、勉強していきましょう。

慣れてくれば、勉強してから結果を出すまでのサイクルも早くなってきます。結果に直結できる勉強をしていきましょう。

まとめ

勉強することはとても良いこと。

でも、自分のものにして、結果につながらないと

勉強しても無駄になることもあります。

ビジネスの勉強は、やりながら勉強するのが最強です!

効果的に勉強し、どんどん活かし、ビジネスを改善しながら加速していきましょう!

stand.fmで、音声配信もしてます

ビジネスは勉強だけしてもうまくいかない【結果につながる勉強法とは】 - いっせいのひとりビジネスラジオ📻 | stand.fm
🎁無料プレゼントはこちらから🎁 ➡️ 💻この配信のブログ記事はこちら👇 ➡️ #ビジネス #勉強 #結果につながる勉強法
Online Salon【ひとりビジネスサロン】

ひとりでビジネスをする人のための
オンラインサロンをはじめました。
マーケティグを学びながら仲間を作りませんか?

【初月無料】で参加できます

変化を起こすためのヒント
この記事良いな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです(^^)
松本いっせいのサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました