2021年最新版!効果的なSNSのプロフィールの書き方【フォローされるプロフィールとは】

効果的なSNSのプロフィールの書き方【フォローされるプロフィールとは】SNSの活用法
スポンサーリンク

インスタグラム、ツイッター、フェイスブック、クラブハウスなど、各種SNSに書くプロフィールってどう書けば効果的なのか悩みませんか?

SNS初めてからずっと研究し続けてきたので、ポイントを書いてみたいと思います。これが正解というわけではないとは思いますが、僕はこの形式にしてフォロワーが増えたので、参考にしていただければと思います。

1.まずは出口を作ろう

exit-sign

プロフィールを見てもらった人に「どういう行動をしてもらいたいのか」を先に決めてからプロフィールを作りましょう。

SNSのプロフィールというのは、単なる自己紹介で終わらせるのはもったいないんです。

SNSのプロフィールは、そのアカウントがどういうアカウントなのか、どんな人が運用しているのかを知りたくて読まれる場所ですが、それを知ってもらっただけだと「へぇ〜」で終わってしまいます。

SNSは繋がるメディアなので、せっかくプロフィールを読んでもらったなら、繋がって(フォローして)欲しいですよね

また、集客やビジネスで使っている人は、フォローしてもらうこと以上に、自分の商品やサービスに興味を持ってもらって、その案内をしたいですよね?例えば、LPに誘導したいのであれば、その導線を作っておくべきです。

これが出口を作るということです。

大きく分けると、SNSのプロフィールは、次の二つが行動してもらいたいことになります。

  1. フォローしてもらう
  2. 見てもらいたい情報に案内する

まずは、「どういう行動をしてもらいたいのか」を先に考えてからプロフィール作りを始めましょう。

2.見た人が知りたい情報を伝えよう

虫眼鏡

プロフィールというと、自分はどこどこの出身で仕事は何で〜という書き方になりがちですが、それは、自分が言いたいことであって、相手が知りたいことではないです。

見てくれる人は、「あなたのアカウントを見る価値」を知りたいんですね。

あなたが、他の人のアカウントを見たとき知りたい情報はなんでしょう?例えば

  • この人は何やってる人なんだろう?
  • どんな情報を発信してるんだろう?
  • フォローするといいことあるかな?

逆に、どこに住んでいるかとか、何歳かとかは最初の段階ではあまり重要に思わないですよね。関わっていって仲良くなった時に知りたいことではないでしょうか。(お店のアカウントなどは住所は重要ですが、ここでは個人のアカウントということにフォーカスします)

自分の経歴や肩書などがたくさんある人は、書きたくなってしまいますが、それって最初からあんまり知りたいとは思わないですよね?(逆に自慢話に見えて鬱陶しいと思うこともありますよね)

SNSプロフィールは文字数に制限があるので、たくさんは書けません。また、盛り込みすぎると、逆に読まれにくくなるので、なるべくコンパクトにすると良いです。

3.具体的なプロフィールの書き方

writeing

以上のことを踏まえて、じゃあどういう書き方をすれば良いのかを解説してみます。

何をやっている人かを書く

ここでは、いきなり肩書きを書いたりしない方が良いです。特に、その分野の人しか分からない肩書は、最初で「?」となるので避けた方が良いです。

なので、ずばり「やっていること」を書くと良いです。例えば

  • 営業マンやっています
  • 海外輸入商社経営してます
  • 税理士をやっています
  • ダイエットのやり方を教えています

など、まずは、自分がメインにやっていること(○○の人と思ってもらいたい)を出してみます。

最初の行になるこの部分は、プロフィールを読み続けてもらうために、キャッチーにしたほうが良いので、もうひとひねりします。

  • 笑いで売る営業マンをやっています
  • 世界の名品を届ける輸入商社を○年経営しています
  • 親しみやすさNo1の税理士やっています
  • 10日で1kg痩せさせた、驚異のダイエットのやり方を教えています

などなど、あなたのやっていることでアピールできるところや理念などを前面に出して「なんだかおもしろそうだな」と思ってもらえるように書くと良いです。(嘘でなければ少々盛っても大丈夫!)

どんな情報を発信しているかを書く

ここでは、「自分をフォローしておくと、こんな情報が得られますよ」ということをアピールします。

  • 笑いの場作りのコツを発信しています
  • 世界を相手にビジネスするコツを発信しています
  • わかりにくい税金のことを中学生でもわかるように解説しています
  • 誰でもできる辛く無いダイエット方法を発信しています

ここでも、メインとして提供できる情報を、キャッチーにした表現で書いておくと良いです。こう書かれると、「この人の情報を取っておくと役に立ちそうだ」と思ってもらえますよね。

コツは、あれこれ書かないように、あくまで一番得意な分野の情報に絞って書いておくと良いです。

フォローしておくと良いことを書いておく

ここは、相手にどんな良いことがあるか(フォローしておくとこんな未来がやってきますよ)ということを書きます。少し悩むと思いますが、相手の身になって、ワクワクするように書くことがコツです。

  • フォローしておくと、笑いも場を作りができるようになり、あなたが売れる方法がわかります!
  • フォローしておくと、輸入ビジネスのコツが身につきます!
  • フォローしておくと、税のことがわかり、節税対策ができるようになります!
  • フォローしておくと、誰でも簡単に痩せられるようになります!

こうしておくと、「おお、これは楽しみだ!」と思ってもらえて、フォローされる率が上がります。ここでも、相手目線でキャッチーに表現することを心がけてください。

さらに、外に誘導するには

フォローされるだけでなく、もっと情報を取ってもらいたい場合はURLリンクなどに案内して、誘導しておくと良いです。もっと詳しいプロフィールのページにリンクしたり、リスト取りのためのLPなどに誘導すると良いです。

  • もっと詳しいプロフィールはこちら↓
  • 詳しい実績はこちら↓
  • ○○の方法10選はこちら↓

など、誘導したいURLをURL欄に入れて、そこへの誘導をしておくと良いです。

4.プロフィールの完成は無い

工事中

プロフィールは完璧にこれで完成!というのは無いです。常にアップデートを繰り返して、手を入れてください。やっていることが変わってくることもありますし、時代の流れに応じて使う言葉も変わってくるからです。

反応が取れないなと思ったら、言葉や表現を変えてみるなど、常に手を入れてください。あなたと共にプロフィールも進化させていきましょう。

選ばれる表現を見つけ、あなたのフォロワーが増えたり、売り上げに繋がることを祈っています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
SNSの活用法
松本いっせいのサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました