SNS投稿を上手に真似する方法

SNS投稿を上手に真似する方法SNSの活用法
スポンサーリンク

真似することから始めよう

「学ぶ=真似ぶ」と言われていますよね。何か新しいことや、経験ないことをやるには真似することから始めましょう。

ここでは、SNSの投稿の真似の仕方を解説してみます。

うまくいっている人の見つけ方

まずは、真似したいと思える投稿を見つけましょう。この時のポイントは、まずフラットに見る側の身になって、投稿を眺めてみることから始めること。

まずは、「単純に見る」ということにフォーカスしてください。

そして、投稿を見ていて「この人いいな」、「ちょっと問い合わせてみてもいいかな」と思える人を見つけて下さい。

あくまで、自分の感覚を信じて、「なんかいいな、これ」という気持ちを大事にしてください。

決して、フォロワーの数や、いいね数など、他人に評価されているかどうかではなく、自分がピンとくるかどうかを重視してください。ここ重要です。

真似するポイントは

ポイントは4つあります。

①この投稿でどう思われようとしているのか、何をさせようとしているかを探る

その投稿は、どんな意図があって作られたのかを探ることです。投稿をしている以上、集客につなげたいとか、自分の権威性を示したいとか、親近感を得たいとか、信頼されたいとか、なにかしらの目的があるはずです。

その投稿は、何を目的にして作られたかを探ってみてください。

②結論として何を言っているかを探る

その投稿自体の結論はなんでしょう。要するにこの投稿は何を言っているのか、という「結論」を見つけてください。

おそらく、良い投稿だなと思った以上、結論の部分に納得したからだと思います。「何を」言ったのかを探ってみてください。

③どう表現しているかを見る

結論に向けて、どういう展開で話を進めているかを探ってみてください。例をあげているでしょうか?その人の考え方が書いてあるでしょうか?

また、文章であれば、文章の型はどんな型にあてはめてあるでしょうか?

こうした、構造の作り方を探ってみてください。上手な人は、この構造が綺麗でわかりやすいんですね。

④タイトル(最初の一文)に注目してみる

タイトルや、最初の一文の部分は、その投稿を見るかどうかを決める大事な部分。

あなたがその投稿に惹かれたのは、この最初の一文が目に止まったからじゃないでしょうか。

思わず「いいな」と思ったのはなぜなのかをちょっと考えてみてください。表現の仕方を真似できるかもしれません。

このように、分けて分析すると、その投稿の本質と構造が見えてくるようになります。

真似したいと思う投稿は、それぞれが魅力的にできているので、真似できるところを探りましょう。

考え方を真似して投稿を作ってみる

  1. その投稿をすることで、どう思われたいか、どうして欲しいかを考える
  2. そのために、何を言うか、結論を考える
  3. その結論に向けて文章の構成をつくる
  4. タイトル(最初の一文)を、魅力的にする

真似したい投稿の「考え方と構造」の部分を真似すれば、うまい投稿を作ることができます。くれぐれも、丸パクリにならないようにきをつけましょう。

Instagramは見た目も大事

nstagramの場合は、画像の見せ方が大事になってきます。

いいなと思った画像は、「部分的に真似できるところ」を見つけて真似してみましょう。画像は特に、丸パクリに見えてしまいがちなので、部分的に真似するのがコツです。

全体の雰囲気や、色の組み合わせ、表現の仕方、写真の構図など、ひとつひとつのパーツに分解して注目してみてください。

それらを「ピンポイントで」真似すると良い画像を作ることができます。

まとめ

上手に真似をするには、「構造」を知り、それぞれの中身の考え方を真似することです。

パッと見の外側にとらわれず、中身をしっかり分析して、その考え方を真似して、自分のものにしていきましょう。

真似からはじまっても、必ずあなたのオリジナルの投稿になります。

上手に真似して、より刺さる投稿をつくっていきましょう!

stand.fmで、音声配信もしてます

SNS投稿を上手に真似する方法 - いっせいのひとりビジネスラジオ📻 | stand.fm
🎁無料プレゼントはこちらから🎁 ➡️ 💻この配信のブログ記事はこちら👇 ➡️ #SNS投稿 #真似
Online Salon【ひとりビジネスサロン】

ひとりでビジネスをする人のための
オンラインサロンをはじめました。
マーケティグを学びながら仲間を作りませんか?

【初月無料】で参加できます

SNSの活用法
この記事良いな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです(^^)
松本いっせいのサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました