ブログネタ、SNS発信ネタが無くて困っているあなたへ【情報発信のネタに困らない方法】

ブログネタ、SNS発信ネタが無くて困っているあなたへ【情報発信のネタに困らない方法】SNSの活用法
スポンサーリンク

ブログやSNS発信でネタが無くて困る。情報発信のネタの上手な探し方ないかな?

発信していると、こうした悩みが出てきますよね。今日は、情報発信ネタに困らない、楽な更新方法についてお伝えしたいと思います。

ブログもSNSも読まれてないと思おう

いきなり、なんだそれ?と思われるかもしれませんが、ネタに困っている時って、どこかで「読者を裏切らないようにしなきゃ」と考えて、心理的なハードルが高くなっているんじゃないでしょうか?

しかし、そもそも誰にも読まれてないと思えば、気が楽になりませんか

すでにファンがいて、沢山の読者に囲まれている人は、そもそもネタが切れることはありません。読者とのやり取りの中で、関連することは必ず出てくるからです。

それがないからネタに困るわけですから、「そもそも熱心に読まれてないから、硬く考えるのをやめよう」というマインドセットをしてしまいましょう。

これだけで、発信する心理的ハードルが下がり、「とりあえず発信しよう」というモチベーションにすることができます。

ターゲットが知りたそうなことを勉強する

発信している以上、読まれたい人=ターゲットが存在するはずです。

その人が欲しいと思う情報はなんでしょうか?

それについて、知識が足りないな、とか、よく知らないことを、まず勉強してみましょう。

勉強といっても、他のブログやSNSを読んだり、本を読んだり、YouTubeで見ればよいだけです。

ターゲットのニーズに合わせて、まず自分で知識を補強することです。

勉強したことを自分の言葉ですぐに発信する

次に、肝心のネタの部分ですが、これは、「勉強したことをすぐに自分の言葉で発信」することです。

なんだ、それだけか。そんなの知ってるよ、と思われたかもしれませんが、分かっていても、なかなかできないんじゃないでしょうか?

これ、コツは、勉強したことを「すぐに」発信するというところです。

本を読んだり、ユーチューブを見たりして、「なるほど」と思ったことを、そのまま自分の言葉で、熱いうちに発信するんです。

気をつけなければいけないのは、そのまま丸パクリにならないようにすること

とはいえ、そんなに難しいことじゃなく、自分の言葉で解説すれば、その発信はオリジナルになります。

自分の言葉にするということは、自分の考えや経験がそこに入るので、必然的にオリジナルの発信になるわけです。

何か、新しいこと、誰も知らないようなことをネタにする必要はないわけです。

勉強して、なるほどと思ったということは、そのコンテンツはすでに良いコンテンツなわけです。それをあなたの言葉でもう一度解説すれば良いだけです。

繰り返しますが、コツは「勉強したらすぐ」熱いうちに発信することです。

アウトプットしながら、自分のモノになる

これをするとなぜ良いかというと、

  • 記事をすぐに作ることができる
  • 自分の言葉で解説するから、知識が自分のモノになる

という、一粒で二度美味しい状態になるからです。

すぐに発信できる上に、あなたが勉強してアウトプットすることで、あなた自身にその知見が身につくわけです。

一から捻り出すのではなく、ターゲットに教えてあげたら良さそうなことを、インプットしてすぐに発信すれば良いだけですから、悩む時間を大幅に減らすことができます。

まとめ

ブログやSNSで発信するのに悩むときにすること

  • 誰にも読まれてないというマインドセット
  • ターゲットが知りたそうなことを勉強する
  • 勉強したことを「すぐに」自分の言葉で発信する

これで、ハードルを下げて、一つでも多く発信できるようになります。

お互い、がんばりましょう!

【無料】電子書籍プレゼント【オンライン起業の教科書】

☝️こんな方にオススメ☝️
・オンラインビジネスのやり方が分からない
・集客の仕方が分からない
・商品サービスがうまく売れない
・マーケティングの流れがわからない

コンサルで教えている内容の一例を網羅!



SNSの活用法
この記事良いな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです(^^)
松本いっせいのサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました