集客できてるのに売れないのはなぜか【信頼関係が大事】

信頼関係マーケティング
スポンサーリンク

自分の商品・サービスを売ろうと思ったら、まずは集客しなきゃいけないですよね。

集客に関する情報は、たくさん出回っていますし、ある程度テクニックで解決しやすかったりもします。

でも、集客に成功したけど売れないという人も、いるのではないでしょうか。

集客して集まった人は、見込み客です

覗く

集客で集まってくれた人は、なんとなく興味をもってくれた、見込み客です。厳密に言うと、見込み客になってくれる可能性のある人というレベルです。

街で、チラシやティッシュを渡されることがあると思いますが、受け取ったとたんに売り込まれたら、ドン引きしますよね。

ところが、ネット上でのマーケティングでは、これをいきなりやってしまう人がいたりします。

ちょっと興味をもっただけなのに、その人からいきなり売り込まれたらドン引きですよね。

大事なのは信頼関係です

聞く

まずは、こちらの話を聞いてもらう体勢になってもらわないと、なにも伝えようがありません。

そのためには、あなたと見込み客との間に信頼関係を築くことです。

マーケティングでは、「集客→教育→販売」という流れになりますが、一番重要なのは「教育」(信頼関係を築く)です。

ここをおろそかにしてしまうと、どんなにいいサービスであっても伝わらないので売れません。

恋愛に例えてみると、どれだけたくさんの人に出会うか(集客)より、プロポーズするとき(販売)よりも大事なのは、デート(信頼関係を築く)ですよね。出会っていきなりプロポーズすると、間違いなくドン引きされるでしょう。

信頼関係を築くことに注力しよう

見込み客としてあなたに興味を持ってくれて、コンタクトできる手段を得たのであれば、とにかく信頼関係を築くことに注力しましょう。

見込み客に有益な情報や、あなたの専門分野の知識を余すことなく提供し、自己開示をして自分を知ってもらうことなど、あらゆる手段を使って、あなた自身のこともよく知ってもらいましょう。

ネットを通じて出会っても、リアルに出会っても、信頼関係ができるまでのプロセスは同じです。相手の顔を思い浮かべながら、相手を想ってメッセージを届けていきましょう。

オファーはタイミングをみて

見込み客からメッセージを頂いたり、問いかけに対してアクションしてもらえるようになると、かなり興味を持ってくれている証拠です。

コミュニケーションが成り立つようになれば、信頼関係も深まっていきます。

ここまできてはじめてオファーできると思った方がよいです。

適度に興味付けをしながらタイミングをみてオファーしていきましょう。

ビジネスは信頼関係がすべて

握手

当たり前ですが、ビジネスは信頼関係がすべてです。

ネットを使ってマーケティングしていると、ついついテクニックやツールの利便性によりすぎてしまい、この大事な点を忘れてしまいがちです。

集客はあくまで出会いであり、興味をもってもらったに過ぎません。そんな人にいきなり売り込むことがないよう、しっかりと信頼関係を築いてから、オファーしていきましょう。

逆に言うと、信頼関係さえできていれば、少々オファーがまずくてもお客様になってくれる可能性はあります。

「相手は生身の人間だ」ということを常に忘れないように、しっかりと信頼関係を築いて、ビジネスを成功させてください。

Stand.fmで音声でも配信しています

集客できているのに売れないのはなぜか - オンライン起業のススメ | stand.fm
マーケティングについてのお話です。集客に力を入れて、人を集めてみたけど売れないのはなぜなのかについて話しました。 ブログ→ #マーケティング #ビジネス #ネットマーケティング #ネットビジネス

コメント

タイトルとURLをコピーしました