理想のお客様を捕まえるには、ペルソナが必要

理想のお客様を捕まえるには、ペルソナが必要マーケティング
スポンサーリンク

そもそもペルソナってなに?

ペルソナというのは、簡単に言うと、「理想のたった一人のお客様」のこと。

実在するかどうかは関係なく、徹底的に理想のたった一人を決めること。

そして、その人がどんな人かを徹底的に分析して手にとれるほどにありありと描き出し、明確にすることです。

その人の、趣味や嗜好、価値観や行動パターンまで、細かく分析することが大事です。

なぜペルソナが必要なのか

商品サービスを売る時、宣伝広告をしますが、その宣伝に興味を持ってもらえないと意味がありません。

そのためには、お客様に「刺さる」メッセージを作る必要があります。

このとき、ペルソナが決まっていれば、メッセージの内容に迷うことがなくなります。この人に届けるという相手が決まるからです。

理想のお客様に届き、刺さるメッセージが作れれば、広告効果も上がります。

このように、きちんと届くメッセージを作るために、ペルソナ設定が必要になってきます。

ペルソナ設定をする最も大事な理由

なぜたった一人に絞るペルソナが必要なのか、それには大事な理由があります。

それは、その人の「悩みや課題」を明確にするためです。ペルソナの人間像がわかれば、悩みや課題が何かを探ることがしやすくなります。

具体的にどんなことに困っているのかがわかればそれを解決する方法をお伝えすることができます。

それを伝え続けることで、あなたの商品サービスに興味を持ってもらうことができるわけです。

一人に絞ると、その人にしか響かない?

たった一人に絞り込んでしまうと、それ以外の人には届かないんじゃないかと思うかもしれません。

でも、その心配は不要です。

ペルソナ設定で、悩みや課題を明らかにしておけば、その解決のためにメッセージを送れるようになります。

そして、たった一人に向けてメッセージを作ると、濃く、刺さるメッセージになります。

こちらは一人に向けて作っていても、同じ悩みや課題を抱えている多くの人にも「それは自分のことかもしれない」と思われ、メッセージを受け取ってもらえます。

つまり、一人だけに向けるからこそ、濃いメッセージが作れ、同じ悩みや課題を抱えている人にも、その濃いメッセージが届くというわけです。

だから、ペルソナを決めて、その人に向けて発信することが大事なんです。

ペルソナが決まればネタに困らなくなる

このように、ペルソナがはっきりしていれば、発信するネタにも困らなくなります。

そのペルソナに寄り添って、その人の悩みや課題について考えれば良いだけです。

あらゆる角度から考えれば、悩みや課題はいくらでもでてきます。

それを一つ一つ丁寧に解決してあげれば、それを受け取った人に喜ばれます。

結果として、その人たちの中から、見込み客が現れるというわけです。

まとめ

ペルソナとは、理想のたった一人のお客様。

その人間像をありありと描き出し、抱えている悩みや課題をあぶりだしましょう。

それに応えるためにメッセージを送り続ければあなたの見込み客となる可能性が高くなります。

理想のお客様に寄ってきてもらうため、ペルソナ設定をしっかりしておこう。

stand.fmで、音声配信もしてます

理想のお客様を捕まえるには、ペルソナが必要 - 【ひとりビジネス】ラジオ📻 | stand.fm
💁‍♂️ひとりビジネスサロン詳細はこちら💁‍♀️ ➡️     💻この配信のブログ記事はこちら👇 ➡️     #ペルソナ #理想のお客様 #メッセージ #刺さる #伝わる #見込み客 #悩み #...
Online Salon【ひとりビジネスサロン】

ひとりでビジネスをする人のための
オンラインサロンをはじめました。
マーケティグを学びながら仲間を作りませんか?

【初月無料】で参加できます

マーケティング
この記事良いな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです(^^)
松本いっせいのサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました