スポンサーリンク

漢字をど忘れすることが増えた

あ!手帳の話
スポンサーリンク

スマホで退化した気がする

もういい年したオッサンですが、まだ字は書けます(笑)

でも、いろんな文書をパソコンで作るようになり、漢字を忘れてきているなぁと思っていたんですが、スマホを触るようになって、ますます漢字が書けなくなってきました。

読めるけど書けない・・って、ありますよね(汗)

簡単な漢字すら忘れ、、

さすがに住所や名前はあちこちで書くことがあるので忘れませんが、メモしておこうと思ったときに、「あれ、、この字で合ってたっけ・・」と思うことが結構増えて来ました。

調べるのも面倒な時は、カタカナで書いたりしてますが、スマホで漢字変換して調べて書いたりしてると、なんだか自分がアホになった気がします(笑)

誰かと会って話すときに、目の前で字が出てこないのも小っ恥ずかしい。

いや、これはいかんです。

字の練習か、漢字ドリルか

最近よくみかける「うんこ漢字ドリル」。これを世に出した文響社はすごい!イカすぜ!と思います。確かに子供には大ウケでしょう(笑)

しかもこれ小学生用・・。

小学生レベルの漢字が書けないことは流石にないだろう。というか、そもそもいい年したオッサンがうんこドリルも無いか(笑)

じゃぁ、字の練習でもするか。最近美文字というのも気になるし(そもそも字が汚いし)こういうものを活用してもいいかなと。

その昔ボールペン字講座とかやったことあるなぁ。でも続かなかった(笑)

じゃあどうするか

ここは強制的に「書く」という行為をするためのものを用意した方が良いと考えました。

そこで、考えたのが「手帳」です。

手帳

kaboompics / Pixabay

実は僕はフランクリン・プランナーを長年愛用してましたが、ここしばらくスマホで全部スケジュール管理からタスク管理までしていたので、プランナーを使っていませんでした。

手帳を使った方が、頭の切り替えにもなるし、やっぱり日々のクオリティが違うなぁとも思っていました。スマホやクラウドで管理してると、計画してる感がないのと、スマホに自分が操られてる感があって、なんか充実感がない。(まぁ、この辺は、慣れや取り組み方で変わるんでしょうけど)

とりあえず、年度切り替えのこの時期、スケジュールとタスクを紙の手帳に戻すことにしました。

書き出すことの気持ち良さ

実際、毎日手書きしてると、調べなくても忘れていた字を思い出してくるようになりました。やっぱり脳の動く場所が違うんでしょうね。

それよりもなによりも、「書くとなんか楽しい」。

たのしい

mohamed_hassan / Pixabay

子供の頃、落書きしてた時のような感じで、やっぱり紙にペンで書くということ自体が、体感として気持ち良い。

汚い字も、少しは綺麗に書こうという気にもなりますし(笑)

スマホが普及してから紙の手帳が逆にバカ売れしているという話を聞きますが、なんだかわかるような気がします。

ちょっと重いけど、また手帳を持ち歩こうと思います。

カズナリ
カズナリ

漢字をど忘れすることが多くなってきたら、手帳つかってみませんか?

保存保存

保存保存

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
手帳の話
カズ☆ナリをフォローする
sitekznr.com

コメント