自分ブランドを作る方法

自分ブランドを作る方法マーケティング
スポンサーリンク

ブランドってそもそも何?

ブランドというのは、高級品のことを指すものではありません

お菓子のチロルチョコも、チロルチョコというブランドです。

もともとは、自分の家畜と他人の家畜を間違えないよう、焼印(=Burned)を押して区別していたことから、ブランドと呼ばれるようになりました。

つまり、他との違いをわかりやすく差別化するためのものです。

ブランドの成功とは?

ブランドというと、かっこいい見た目やロゴマークを思い浮かべるかもしれません。

でも、それは「表現」した結果であって、それ自体がブランドではありません。

ブランドは、人々の心の中に作られるものです。いかに人に認識されるかがポイントになります。

〇〇といえば〇〇と人々に認識されることで、ブランドとして成立するようになります。

つまり、簡単に言うと、いかにファンになってもらうかということです。

どうすればブランドを作れるか

まずは、自分は何ができるのか、何を提供できるのかを明確にします。

それが、他にはない、真似できないことで約束できることを探ります。

あなたが世の中に提供できる、あなただけのものを、このように明確にすることです。

それを明文化することで、自分の立ち位置がはっきりします。この明文化されたものは、あなたのブランドコンセプトと言われるものになります。

ブランドを伝える

あなたのブランドコンセプトができたら、周りに認知されるようにそれを宣言(発信)していく活動をします。

この時に、言葉だけでなく、見た目も整えていくと、見た目でもブランドが伝わるようにます。

自分ブランドの場合は、自分の写真やイメージカラーなどが主になるでしょう。

大切なのは、見た目ばかりにこだわるのではなく、あなたの自信がどう振る舞うか、それ自体です。

自分のコンセプトを見せ、そのとおりに振る舞いつつ発信することです。

自分ブランドの成功とは

自分ブランドを成功させるには、見た目にだけこだわっていてはダメです。

どこまでも、自分のコンセプトの通りに誠実に振る舞い、きちんと約束通りの結果を出すことです。

あなたの言っていることとやっていることと結果に筋が通って初めてブランドと言えます。

それが広がり、認識されるようになれば、あなたのブランドは成功です。

伝わるのには時間がかかります。時間をかけて誠実に自分ブランドを貫くことが大事です。

まとめ

ブランドとは、人の心の中にできるもの。

他と違って、あなたにしかできないことをしっかりと磨くことです。

ブランドを伝え広げるには、誠実な振る舞いと結果をきちんと出し続けることです。

自分のブランドコンセプトを貫き、選ばれる人になることを目指しましょう。

stand.fmで、音声配信もしてます

自分ブランドを作る方法 - 【ひとりビジネス】ラジオ📻 | stand.fm
💁‍♂️オンラインサロン詳細はこちら💁‍♀️ ➡️     💻この配信のブログ記事はこちら👇 ➡️   ============================= #ブランド #ブランディング #振る舞い #...

コメント

タイトルとURLをコピーしました